スマートフォン利用の駐車場って?

スマートフォン利用の駐車場って?


シードとは

日本初の時間貸し(コインパーキング)アプリスマートパーキングを運営している会社です。

スマートパーキングは、株式会社シードの理念である「ITを活用して豊かな社会を実現すること」を実現する第一歩として、2016年3月にスマホアプリとしてリリースされました。一台から時間貸しできる駐車場システムとしては、日本で唯一、初期費用無料で開始することができるのが特徴です。

スマートパーキングの企画・制作者でもある、現代表の吉川の「元々、コインパーキングの営業をしていたときに言われたオーナー様の不満と、自分が学生のときに、親友を交通事故で失くしたことが重なって生まれました。こうしたアプリを実現できれば、たとえ一台であってもオーナー様の手を煩わせることなく収益を上げ還元することができるし、自動車ユーザーも路駐や焦って駐車場を探す際の危険や不便を解消できるのでは?こうした仕組みがあれば、交通事故を減らしてゆとりのある社会の実現に寄与できるはず」との想いによって作られました。

スマートパーキングは、リリースから一年経たずして、現状、利用者のいない駐車場(個人宅、未契約の月極、営業時間外の企業や店舗の駐車場)を幅広く活用することで、箇所数を増やし続け、ユーザー様、オーナー様から共に喜ばれています。

主なオーナー様の利用用途や感想

個人宅オーナー様

  • 子どもが大きくなって出ていってしまい、空きとなっている駐車場を有効利用することができる。
  • 住宅地で勝手に駐車されるのを防ぐことができるので、住民トラブルを回避しながら収益を上げられる。

賃貸住宅の管理会社様

  • 月極駐車場の契約が決まるまでの空きスペース対策として活用している。
  • 住宅契約者(訪問者)の不正駐車の防止ができるので住民からのクレームが減った。
  • 物件オーナー様への営業時に、他者との差別化(収益メリット)として活用している。

他にも、テナントビル駐車場の空き駐車場対策、ビルの建て壊し時の、建設開始までの一時的な空き地(売上)対策としても、初期費用・契約期間の定めがないことから広く利用されている。

スマホアプリで空き駐車場を探してチェック・イン

ユーザーはスマホアプリで、近隣の空き駐車場を探すだけ

スマホアプリを通じてキャッシュレスで利用可能

ユーザーの料金支払はキャッシュレス。クレジットカード番号決済でいつでもかんたんチェックアウト。法人のまとめ払いにぴったり

管理もサービス画面上で

必要な設備がほとんとないから、運営は画面上だけ!